人事部に聞く

「オタクが来てほしいんです」スマートデバイス&クラウドのコア技術を持つ企業が欲しい人財とは?

東新宿駅朝の9時。今日はやたらと綺麗なオフィスが自慢の会社があるという噂を聞きつけ、訪問してみることにしました。

1

なにやらアポイントを取ると同時に送られてきたQRコード…何に使うのでしょうか。

2

受付にはわかりやすい場所に「QRコードをお持ちの方」との表示が。なるほどここにかざすのですね。「ピッ」と、かなり反応いいですね。

3

…とお待ちしていると、「おはようございます!今日はよろしくお願いします!」と今回の主役、M-SOLUTIONS株式会社の植草さんが笑顔でお出迎え。

本日うかがったのは、スマートデバイス向けビジネスシステム開発を得意とするソフトバンク・テクノロジーグループのM-SOLUTIONS株式会社様。グループでも今伸び盛りの技術集団はどんな人材を求めているのでしょうか?いろいろとお話をうかがってみたいと思います。

植草さん、出師さん、本日はよろしくお願いします

4

植・出:はい。よろしくお願いします。

まずはお二人がどのようなお仕事をされているのか教えていただいても良いですか?

5

植:はい。私は技術統括役員で、弊社の「Smart at」をはじめとしたビジネスアプリ開発全般の責任者をしています。

6

出:私は管理部のマネージャーです。人事・採用全般を行っています。

転:ちなみに採用に関しては、出師さんが一次面接、植草さんが最終決裁者ということですか? M-SOLUTIONS様の選考を受ける方はお二人の顔を覚えておいたほうがいいですね。

植・出:そうですね(笑)。

では、次の質問と思ったのですが…それよりこのオフィスとても綺麗ですね。

植:ありがとうございます。今年2月に移転をしてきて丁度5ヶ月といったところでしょうか。

転:入り口で確認したのですが、親会社に当たるソフトバンク・テクノロジー様(SBT)とM-SOLUTIONS様、株式会社環様の3社を間仕切り無く、完全にワンフロアで一体化させていますね。これは何か目的があったのですか?

8

植:そうですね。数年前から『One! SBT』という大きな移転プロジェクトが計画されていたのです。これまでオフィスが異なる階に点在していたり、場所が全く異なっていたグループ会社全てを統合し、ワンフロアにまとめることでグループの垣根を超えて、共に成長していくためです。おかげでお互いの顔もわかるようになりましたし、オフィスフロアに間仕切りも無いので、みんな自然な形で活発な意見をかわせるようになりましたよ。それから、移転の目的はもう一つあって、グループ全体でもエンジニアが非常に多いのですが、彼らの働く環境の改善ですね。フリースペースがとても多いですし、休憩できるスペースもかなり増えました。煮詰まった時やひとりで作業に没頭したい時のスペースなんかもあります。

転:出師さんのような管理側のお仕事をされている方々にも何か変化はおきましたか?

9

出:打ち合わせが気軽にできますよね。前は親会社ともフロアが違ったりしたので、何かの決めごともいちいち会議室予約してとか、すごく大変でしたが、最近はちょっと席で背伸びすれば話したい相手がすぐ見つかりますしとても楽です。「あ、ちょっといいですか?」みたいな感じで(笑)。意思決定のスピードも早くなった気がします。

では、次の質問です。M-SOLUTIONS様はグループの中でどのような役割をされているのですか?

植:私達は元々は広い意味でのSI(システムインテグレータ)。お客様は法人ですので、いわゆるBtoBシステム開発会社です。特に今はスマートフォンやiPadなどのスマートデバイスで動かすことのできるBtoBあるいは、BtoBtoCのシステムの開発が中心になっていますね。ただ、普通のSIですと1人月単価幾らとか人が多くいないと羽ばたけないわけですので、最近はある程度パッケージ化されていて、どんな企業様でも使える、使うことでビジネス効率を上げていただけるようなアプリケーションを作る試みが続いていますよ。

転:入り口のQRコードをかざす受付システムもユニークでしたね。あのシステムも御社で開発されたのですよね?とてもスムーズに受付できました。

2

植:ありがとうございます。あの受付システムはまさに今お話した最近の取り組みが実ったシステムです。「Smart at reception(スマートアット レセプション)」といいまして、QRコードをご来訪者へ事前にお送りして受付の効率化をするものです。ただ、QRコードまで使って受付するのって、かなりの大企業をイメージするでしょ?来訪者が多すぎて管理しきれないとか。来訪するお客様だって受付電話で番号と部署鳴らすようになってるけど、部署名なんてそもそも忘れちゃったよとか。でも本当は大きな企業だけでなくて、従業員100名以下のような小さな会社にも使ってもらえるような仕様になっているんです。弊社ですと社員全員がスマートフォンを支給されているのですが、席を立っていても誰がきたかすぐにお知らせがありますし、一度いらっしゃった方は全て記録に残っていきます。小さな会社ですと事務さんが何役もこなさなければいけなくて、受付どころじゃない時もありますよね。まさに転職RPGさんなんかにいいんじゃないですか?(笑)

転:むむ、そうですね。検討します。でも予算が…。

植:ですよね。なので今回はもっと多くの企業様に使っていただきたいなと思っていまして100名までの規模の企業様なら無料で解放していたりします。他にもイベント受付、営業マン向けのiPadで見積もりが作成できる機能もあるんですよ。イベント機能は、ソフトバンクグループ社員大会の受付に使いました。とても画期的なシステムです。

転:植草さん営業うまいですね。

10

植:あ、僕ね。営業もしますよ(笑)なかなかのもんでしょ?

全員:笑

ちなみにそんな御社で活躍されている方はどんな方が多いですか?

出:そうですね。弊社はやはり技術集団ですので、技術レベルの高い人が多いですね。仕事というより趣味に近いっていうか、そもそも自宅に帰っても好きでプログラムずっといじってるとか。そういう社員の気質が、よりよいものを作りお客様から評価される事に繋がっているんですよね。

植:そうそう。技術オタクが多いんですよ。でもって会社もそういう方の意見とかすごく受け入れる社風です。「この間、自分で習得した技術試したいんで、今回のシステムで使っていいですか?」っていう人が多いですよ。

なるほど。では今まさに欲しい人材はどんな方ですか?

11

出:弊社は平均年齢33歳。システム会社としてはわりと若い部類だと思います。基本的にマネジメントができるとか、すごい高いレベルの方を求めているわけではなくて基礎があれば育てていくという方針です。社風としても個人に裁量権が多いですし、好きなことがやりやすい環境です。チャレンジをしたい人、チームで仕事がしたい人、また、自分のやりたいことが明確にある方は是非一度話を聞きにきてほしいと思います。

それにオタクであると…ちなみにどの分野のオタクがいいというか、どんな技術は最低でも欲しいかというと?

植:贅沢を言えば、今のシステムのほとんどがiOSベースのものですので、趣味でアプリを作ってAppStoreに登録しちゃってるくらいの方がいればうれしいですね。もしくはWEBアプリを自分で作ってるみたいな方。でもなかなかいないですよね。なので、転職RPGの読者層20代の方でいえば、「実務経験が浅いけどjavaは使える。そして作りたいものもある」とか、普段の生活から「こんなサービスあったら便利なのに」っていうアイデアや情熱を持っている人なら会いたいですね。

ありがとうございます。それでは、次の質問です。社員の皆さんは毎日どのような1日を過ごされていますか?

植:9時出社なのでみんな丁度9時くらいに出社してきますね。仕事中のコミュニケーションがとれてるので、朝礼は無いんです。かわりに週1回くらい定例ミーティングがあったりとか、みんなお昼一緒に食べながら話したりとか。夜もこの業界にしては早い方で、僕らが面接を18時とか19時から始めるじゃないですか?終わると20時にはもう誰もいないです。

それでは、最後に転職RPGの読者に伝えたいことはありますか?

12

出:はい。先ほど説明したとおり、今は自社開発の製品を増やしていく企業としての成長ステージです。それに合わせて人材採用も積極的に行う予定ですので、入社したら必ず社歴の近い仲間がいると思います。安心してください。

植:それから、大手グループの子会社とはいえ、私達はベンチャー会社です。型にはまらず好きなものを作りたいというタイプの方にはとても良い環境だと思いまし、我々のマインドとも合致すると思いますよ。あと、ベテラン社員なんかですと、技術に対して応えられないものは無いし、自分の知識を出し惜しみしない方も多いです。新しい技術を習得したいとか、なかなか今の会社で技術を教えてもらえる機会が少なかったなんて理由で転職されてきた方はみんな満足してくれているみたいです。弊社はスマートデバイス、クラウドといった今後ますますニーズが増える分野についてのコア技術をもった集団ですので、面白い仕事ができることは保証します。

取材は一旦ここで終わり。するとオフィス見ていってくださいと植草さん。ものすごく開放感のあるオフィスです。

13

こちらはソフトバンク・テクノロジーグループの3社、ソフトバンクテクノロジー様、M-SOLUTIONS様、環様がワンフロアで仕事をしています。オフイスは400mトラックがすっぽり入るくらいの広さです。

14

こちらが先ほどまでお話をうかがっていた会議室。東西南北にそれぞれ設置されていますが、オフィスでのコミュニケーションが円滑なので、そんなに使っていないそう。羨ましいです。

15

オープンスペースにもお客様と気軽に話したり、簡単にミーティングできる応接がいくつもあります。

16

お一人様用のリラックスできるソファーも多数。「僕もたまにここで外の景色見ながら考え事したりすることがあるんですよ」と出師さん。

17

ちなみにここはセミナールーム。「会社説明会なんかはここでやりますよ」と植草さん。

18

ここはフリースペースの中に3つある休憩場所のひとつでバンガロー。カフェっぽいですね。仕事場に見えないくらいおしゃれです。電源タップもあちこちについているし、WiFiもあるのでどこでも仕事できますね。

19

20

21

そういえば、休憩場所と言えば何かないのかな?と思ったら、ちゃんとありました。自販機やレンジ。ちゃんと壁で見えないように設計されているんですね。オフィスの美観を損なわないように、かなり細かくデザイン設計されています。

22

エントランスからいくつもあるこちらはデジタルサイネージ。世界各国の天気や時刻などが流れています。画像も癒し系。

23

二つ目の休憩場所がレイク。湖をイメージしているようです。座り心地のよさそうなソファですね。

24

三つ目はフォレスト。なんだか、キャンプ場みたいです。

25

植:ここね。面接とか個人面談に使うんですよ。話しやすいでしょ。面接に来る人もみんなビックリしてます

26

最後に「Smart at reception(スマートアット レセプション)」と一緒に満面の笑顔の植草さん。

終わりに。
システム会社は世の中に数多くあれど、自社製品を持つ強みに加えて、ここまで整った環境で働ける場所は少ないのではないでしょうか?働いている方も活き活きとしていて、羨ましい限りでした。

皆さんがいつも普通に使っているiPhoneやiPadなどのスマートデバイス、アプリ、クラウドなどに強いBtoBシステム専門技術集団のM-SOLUTIONS様。
興味のある方はぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
植草さん、出師さんありがとうございました。

<M-SOLUTIONSホームページはこちらから>
http://m-sol.co.jp/


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする