人事部に聞く

<経営者、人事の方は必見>あのブラック企業に労基がやってきたぞ!

セブンコード 社畜Tシャツを着る濱野社長
前回から続く

前回記事
<エイプリルフール特別企画>学校辞めたら100万円貰えるって本当なのか?「ブラック企業再び」あの社長から呼び出しを食らったよ。

転職RPG:それはそうと、最初に気づいたんですが、随分オフィスがコンパクトになりましたよね?

濱野社長:そうですよ。たくさん辞めましたから、広くなくていいやーって。実際うちってブラック企業ですよ。めちゃくちゃ残業多いし。今年の新卒も疲れてるし。第二創業期に入って、方向性が合わないって辞めた人もいるし。それに…

転職RPG:それに?

濱野社長:この間労基(労働基準監督署)には入られましたしね。

転職RPG:えー!?

濱野社長:国から認められた立派なブラック企業ってことですね!!

転職RPG:なんで嬉しそうなんですか!

濱野社長:撮影したから見てごらんよ。

転職RPG:いいのかなぁ。。(でも見たい)

※労働基準監督署とは?
労働基準法その他の労働者保護法規に基づいて事業場に対する監督及び労災保険の給付等を行う厚生労働省の出先機関である。
※wikipediaより
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%9F%BA%E6%BA%96%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E7%BD%B2

アポなし!労働基準監督署の抜き打ち検査の様子

さて、本当に労基には入られるとどうなるのか?
非常に興味深い内容です。
ここからはセブンコード社のコンテンツをご覧ください。
人事の方や経営者の方も必見です。
セブンコード採用サイト ブラック企業に労基がやってきた。

「セブンコード採用サイト ブラック企業に労基がやってきた。」

最後に

みなさんいかがでしたでしょうか?

転職をしたいと思うきっかけには、もっとキャリアアップしたいという前向きなもの以外にも現職の残業の多さや納得のいかない環境、待遇、人間関係の悪化などのネガティブなものも多いです。
人が二人揃えば、何かしらの軋轢が生まれるのは確か。
雇用される、雇用するというお金と労働の提供の関係が生まれるならば尚更。
経営者と労働者には求めるものに大きな隔たりが常にあるはずです。

セブンコードさんは日本に数多くある、中小企業のひとつですが、小さな会社の現実を真っ向勝負で提供してくれています。
ちょっと正直すぎるかな?とも思いますが、転職してみないとわからないこと、不安なことの多くの現実が今回のコンテンツには含まれていると思います。

「それでも、転職して得たい何かがそこにあるのか?」

それが、いまの転職活動にあるのかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする