TOPICS

「恒産無くして恒心無し」現役人事担当者から聞いたアドバイス(キャリア形成編)

新しいことに挑戦するビジネスマン

あなたは「豊かな人生」を送りたいですか? 今のあなたは「豊かな人生」に向かっていますか? こんな出だしだとなんだか怪しい啓発系の文章に見えるかもしれませんが、今回は入社後に社員に持っていて欲しい考え方のお話です。

 

こんなはずじゃなかった・・・
受験勉強をがんばっていい大学に入ったのに・・・
有名企業に新卒で入社したのに・・・
やっと○○の資格をとったのに・・・

 

転職を考えている方はこんな気持ちの方が多いですね。そもそも皆さんは同じような教育システムで育ち、社会に出てからは同じように一日に8時間以上働いているのにどうして「豊かな人生」を送る人と「そうでない人」に分かれるのでしょうか?

 

その答えは「考え方」にあります。

 

では「豊かな人生を送っている人の考え方」とはどのようなものなのでしょうか?

 

「豊かな人生」の定義をしてみましょう

 

「豊かな人生」とはお金を沢山持つことでしょうか? 例えばお金があれば「豊かな人生」を送れるという「考え方」を持っている人は多いのではないでしょうか?「お金で買えないものは無い」なんてよく耳にしますよね。
でも・・・お金があっても「信頼できる仲間・友達・家族」がいないと「豊かな人生」とは言えないのではないでしょうか? 独りで豪邸に住んでもイヤですよね。また例えば宝くじが当たったとたんに近づいてくる人がいたとしたらどうでしょう?イヤですよね。つまり「豊かな人生」=「豊かなお金」+「豊かな人脈」です。

 

「豊かな人脈」を築くための「考え方」とは?

突然ですが質問です。「ニート」や「無職」の人が「豊かな人脈」と「豊かなお金」が手に入るでしょうか?一部の人は除き、大概の人は「仕事」を通じてしか「豊かな人脈」と「豊かなお金」は手に入れられないのです。でもみんな「仕事」ってしていますよね。なのに、ちっとも「豊か」じゃないと思っている貴方。原因は新入社員として働いた時からのあなたの「考え方」にあります。

まずは図1をもとに「考え方」のケーススタディをご覧ください。

5f19f8038b959234c30f03075d8068f4-620x396
<ケーススタディ>
AさんとBさんは新卒で「百貨店に就職」しました。

新入社員Aさんは「豊かな人生」を送るには「豊かな人脈」を築くことが重要だという「考え方」をもとに仕事をします。新入社員Bさんは「等価交換」という「考え方」をもとに仕事します。
いざ就職すると彼らは図1の人脈レベル1の社会からスタートします。百貨店でいえば「店舗」で「パート・アルバイト・派遣社員」等と主に仕事をします。
※新入社員はいきなり人脈レベル2以上の方々とはお付き合い出来ないのです。

 

仕事をしていると様々なトラブルがありますよね。
以下はほんの一例です。

 

・アルバイトがクレーム言われて困っている
・バイトが当日欠勤した
・売上目標に届きそうにない
・飲み会の幹事をだれかやらなくては…

 

Aさんの「考え方」の根本は「豊かな人脈」を築くためにはどうすればよいか?です。その思考の結果が「行動」になります。なので…

 

アルバイトがクレームを言われて困っている
>自ら率先し対応する
>結果、クレームの対応の経験値を積む&アルバイトから慕われる

 

バイトが当日欠勤した
>他のアルバイトが困らないように必要があれば残業して手伝う
>結果、残業した分、業務を覚える&アルバイトから慕われる

 

売上目標に届きそうにない
>本部や店長と対応策を考える
>結果、マーケティングのスキルが上がる&本部や店長と親しくなる

 

飲み会の幹事をだれかやらなくては…
>私がやります。
>結果、企画能力が上がる&職場のみんなに感謝される

 

一方Bさんの「考え方」の根本は「等価交換」です。例えば 給与が20万円であれば20万円以上の業務を行うことは「損」だと考えます。その思考の結果が「行動」になります。

 

アルバイトがクレームを言われて困っている
>店長に報告する(自分には関係ないと思っている)

>結果、クレーム経験が積めない&アルバイトからは社員なのに無責任と思われる

 

バイトが当日欠勤した
>退社しようとしたら店長から残業を指示され仕方なくやる
>結果、内心は不愉快に感じているのが伝わるので、店長からもアルバイトからも悪印象

 

売上目標に届きそうにない
>それは店長の仕事でしょ?
>結果、無関心さが伝わり、店長やアルバイトからも悪印象

 

飲み会の幹事をだれかやらなくては・・・
>Aさんがやってくれた 余計な業務が増えなくて一安心と感じている。
>結果、積極性がないことが伝わり、他のことも頼まれなくなる

 

上記は少し「おおげさな例」ですが「考え方」によって行動はこんなに変わるのです。Bさんはスキルがちっとも向上していませんね。しかもすごいイヤな人に見えます。そしてAさんとBさんのどちらかが「店長」や「係長」に出世する、とした場合、当然選ばれるのは「Aさん」です。

 

しかしBさんは納得いきません。何故なら「Aさんとほぼ同じ時間」仕事をしてきたからです。Bさんは大学をでて、有名な百貨店に入って、毎日、朝6時に起きて、満員電車に乗って、夜22時に帰宅する生活をしているのです。Bさんは「自分は仕事を頑張っている」と思っているのです。ところが社会では「自己評価」など意味がありません。

 

評価は「他人」がするのです。

 

そしてBさんは「この会社は残業も多いし、Aのような“上司と仲の良い奴”だけが出世するし、やりたいことが出来ない企業だ」と考え退職していくのです。

 

その後のAさんは??

 

再び図をご覧ください。

5f19f8038b959234c30f03075d8068f4-620x396

その後、Aさんは出世し係長になりました。係長になると業務上、交流のある人間が「パート・アルバイト等」から「一般社員・お客様 業者(一般社員)」等に変わったことが分かりますね。新入社員の時はほとんど接点のなかった方々です。つまり仕事を通じて人間関係のレベルが上がったのです。あとはこの繰り返しです。

 

1.「豊かな人生」を送りたいという軸を持つ
2.「豊かな人脈」が重要だという「考え方」を持つ
3.職場で日々起きているトラブルや業務を「豊かな人脈を築くためにはどうすればいいか?」を判断基準にして行動・解決する」習慣をつける。
4.結果「そのポジションで交流のある人間に慕われる」
5.更に上のポジションに推薦される
6.部課長になり更に上の「人脈レベル」の人たちと仕事で関わるようになる。

 

ということです。実際、百貨店の部長や取締役級になると、「業務上、交流のある人間」は様々な企業の経営者クラスの方や、お客様でも一部のVIP(芸能人やスポーツ選手・超富裕層等)と交流することになります。この社会でも「豊かな人脈」を築くためには「どう行動」すればよいかを「考え」「行動」すれば「VIPのお客様や様々な企業の社長級の方々」とも「豊かな人脈」が築けるのです。

 

ところで今回のテーマはそもそも「豊かな人生」=「豊かな人脈」+「豊かなお金」でしたね。今までお金の話は全くしていませんでしたが、図1を再度ご覧下さい。

5f19f8038b959234c30f03075d8068f4-620x396

 

「豊かな人脈」を築いてきたAさんは「人脈レベル」が上がるたびに年収が向上しているのがお分かりですか。つまりお金は後から付いてくるのです。新入社員で約300万、係長で450万、部長で800万、取締役で1000万オーバーといったところでしょうか。

 

いかがでしたか?今の世の中はひとつの会社でキャリアを積み上げることがベストとは言い難い時代です。ただ、転職先でもこのような考えを軸にしている方とそうでない方は評価は大きくことなってきます。

転職をする際に、転職理由が「何かのせい」になっていませんか?これはBさんと同じ考え方だからですよ。

 

※参照 内田樹 著 「下流思考」
http://kotobank.jp/word/%E4%B8%8B%E6%B5%81%E5%BF%97%E5%90%91


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする