TOPICS

私服面接と言われて困らないためのビジネスカジュアル講座

面接を受けている人たち

面接では身だしなみに要注意

面接試験の通知が来れば、合格の可能性がぐっと高くなりますが、せっかくのチャンスを不意にしてしまわないよう気をつけたいものです。というのも、採用面接では入社希望者のやる気はもちろん、受け答え、マナー、礼儀などをとても細かく見ています。試験というのは自社にふさわしい人材かどうかを見ると同時に、ある意味「ふるいにかける」ためのものでもあるのです。そこで意外な落とし穴になるのが「身だしなみ」。「ワイシャツやスーツが汚れている、よれている」は言語道断、厳しいところになると「靴が汚れている」「前髪がうっとおしい」、男性の場合は「ひげをきちんと剃っていない」といった細かい点までチェックされることもあるようです。
マスコミやIT関係の企業では、服装などに関しては寛大なところもありますが、基本的には最低限ビジネス・パーソンとして、清潔ある身なりをしているかどうかは大事なポイントだといえます。

 

私服でお越しくださいと言われたら

近年服装がスーツではなく自由という会社が増えてきていますが、そのような会社の面接では「私服でお越しください」といわれるケースがあります。スーツ以外で面接に望むなんてと、服装について戸惑う人も多いでしょう。どうしても面接に臨む服装が思い浮かばない場合にはスーツでも問題ありませんが、ビジネスカジュアルを取り入れることで自分らしさをアピールすることがおすすめです。

 

面接に最適なビジネスカジュアルとは?

メンズのビジネスカジュアルコーディネート、秋についてどう攻略するかご紹介していきましょう。ビジネスカジュアルの基本は私服とは別物でありTPOをわきまえることが大切で、ジーンズはもちろんNGです。ジャケットやドレスシャツは必須、固い会社であればネクタイも必要であることも念頭に置きましょう。ただし、スーツのジャケットを脱いだだけにならないように注意が必要です。
夏の暑い時期であれば、ジャケットにグレーやベージュなどの薄めのカラーをチョイスして、暑苦しい見た目にならないよう気をつけることもポイントです。麻100%のようなカジュアルなラインのジャケットの場合でも、ネクタイをすることでバランスが取れます。少し涼しくなる秋であれば、ネイビーのジャケットに明るめカラーのドレスシャツなどコーディネートの幅が広がりますね。また、意外と忘れがちなカバンですが、ビジネスライクな黒カバンではなく、レザーなどの派手すぎないデザインでトータルでコーディネートすることをおすすめします。

 

十分に準備して面接に臨みましょう

面接とは、その出来により就職できるかどうかを左右するため、誰でも緊張してしまいますね。少しでも緊張を減らすために、準備には十分な時間をかけることをおすすめします。アピールポイントの洗い出しや面接練習などできることは全て行い、ビジネスカジュアルも研究し、ライバルとは一歩リードした状態で面接に臨みましょう。

 


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする