TOPICS

【面接ノウハウ】面接でウケる? 退職の原因を追求された時の答え方

little sketchy men - orange problem-solution concept

本音は言えない!?面接時に必ず聞かれる退職理由

転職活動につきものなのが面接ですが、退職理由をどう伝えるべきか悩んでいませんか?パワハラや、人間関係のもつれといったネガティブなことが原因で退職した場合、どう面接官に伝えるかは転職を成功させる大きなポイントです。なぜなら、面接官はこの会社でも同じような原因でトラブルを起こしたり、すぐ退職するのではと感じる人を採用しないからです。

 

ポジティブに変換。言う必要のないことは言わない

就職の際、面接官はいろいろな言葉でネガティブ要素を引き出していきます。どんな言い回しなら好印象を保ちながら、退職原因を伝えられるのでしょうか?具体例をみていきましょう。

 

・人間関係が原因
よく面接官の誘導に負けて、上司や会社の不満を漏らしてしまう方がいますが、選考企業があなたに最適な環境を100%用意できるわけではありません。「厳しい上司でしたが、私の営業の基盤を作ってくれた」「連携して仕事を進め、お互いに高め合い、同じ目標に向かって努力できるチームプレイを大事にしていきたい」など、上手く言い換えられるよう工夫しましょう。

 

・パワハラやセクハラが原因
あなたがそうではないと言っても、面接官に、「あなたにも非があるのではないか」と思われることもあり伝えるのが難しい原因の一つです。面接ではふれず他の原因をあげることも懸命といえます。

 

・残業が多いことが原因
残業が多いことを不満に出すのはNGです。むしろ「いまの環境は自分を鍛えてくれた。忍耐力は強いです」など、残業が嫌なのではなく自分の強さだと答えましょう。

 

・お給料が原因
営業の面接などでは「稼ぎたい」という野心は評価に値することがあります。ただ、単純に給料高いところで働きたいでは評価しづらいところです。転職の目的に給料のアップを上げている方も多いでしょう。しかし、現職給与の不満が先に来ると、失敗する結果が待っているでしょう。
企業は往々にして「賃金=人材としての価値」だけではないと判断しています。会社がなぜあなたにそれだけの給料を払っていたのかといえば、「あなたの実力」+「会社への適合度」と考えると合点がいくのではないでしょうか?「経路依存的な慣習」という言葉があります。長く働いていると染み付き、扱いやすい人材になるといった意味ですが、このように考える企業の採用への理解を深めれば自ずと道が見えてくるはずです。言い方は「今よりも上げたい気持ちは当然ありますが、まずは認められるよう全力で仕事に取り組むつもりです」など頑張ることを前提にした言い回しがいいでしょう。

 

面接官は入社するとしたらトラブルメーカーにならないか、部署はどこが適切か、また辞めないかなどを退職理由からも推測します。退職理由を伝えるときには、受け身や批判はせず前向きな話で終わらせることが重要です。また、全くの嘘を伝えて受かったとしてもバレれば経歴詐称で懲戒解雇となる可能性がありおすすめはできません。退職理由はあくまでキッカケで、キャリアアップなど前向きな目的のために転職活動をしていると伝えましょう。

 

面接をさらにバージョンアップさせるロジカルシンキング

転職サイトや、ビジネス書に「ロジカルシンキングで・・・・!」といった記事を見かけますが、ロジカルシンキングとは何でしょうか?日本語に直すと「論理的思考」、簡単にいうと筋道をたてて物事を考え、それを明確に言葉にするということです。面接官は面接中に「なぜ?そう考えたんですか?」と論理的に話をブレークダウンしていきます。

 

・ロジカルシンキングはなぜ大切?
論理的に考えるなんて、聞いただけで苦手に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、ロジカルシンキングができるようになると、無駄な質問や会話が横道にそれることが少なくなり、結果的に時間短縮につながります。面接では質問の受け答えに対して、意図を捉え、自分の意見を的確に相手に伝えられているかが重要な鍵になるといわれていますが、これはロジカルシンキングそのものといえますね。ロジカルシンキングを鍛えるには、自分が感じている退職理由に「なぜ?」をなんども繰り返していきましょう。

 

・不安に思ったら
自分の考えになぜ?を問いかけた時に不安を感じたら、そこは面接官のつっこみどころです。ここをポジティブに変換できる要素はないかとさらに考えを深めていきましょう。ロジカルシンキングを鍛えるためには1日程度の付け焼き刃な練習では役に立ちません。講座やビジネス書は、山のようにあり自分にあっていると思うものから手軽に始めることもできます。日々の仕事でも意識することが大事です。

 

ロジカルシンキングは面接時の質問にも有効

転職時の企業面接などで、「最後に何か質問はありませんか?」とたずねられることがあります。これは、採用担当者から投げられた最後のチャンスボール。上手に打ち返すにはロジカルシンキングが有効です。例えば、自分が聞かれた項目を、そのまま裏返すという方法。例えば「志望動機」を聞かれるならなぜ採用をしたいのか?「採用計画の背景」を質問してみる。「実務経験」の質問なら、なぜそのスキルが必要なのか?「私の経験はこう活かせると想像しているのですが、ほかに求めている経験はありますか?不足があればお答えしたいです」といった具合。
また、採用担当者に、「この会社を選んだ理由」を聞いてみても良いです。これは「自己PR」の逆。面接は選ばれるだけでなく選ぶ立場でもあるのです。

 


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする