TOPICS

未経験から人事への転職は可能? 必要な知識をまとめてみた

人事担当として新卒・中途採用者の面接を行う

未経験からの転職は可能?

未経験から人事部への転職を考えている人の悩みとは、どのようなものでしょうか?「果たしてできるのか?」や「自分に向いているのか?」など、様々でしょう。
人事という仕事は、大きな契約を取ってくる営業とは違った方向から企業を支える、魅力もやりがいもある職種なのです。

とはいえ、企業にとって縁の下の力持ち的なポジションにあり、人によって向き不向きがあります。人事異動に関わる部署ということで、社内では強い力を持っているように思われるポジションであるため、権力を自分の力にしたいと思う方はもちろんNG!また、メンタルが弱い方には辛い部署といえるかもしれません。

人事の仕事内容とは?

人事部の仕事内容をザックリいえば、優秀な人材に気持よく働いてもらうために、福利厚生や賃金などの整備を行うことで企業の価値を高めるものです。すなわち、自社の経営戦略や経営理念を共有し、経営者に近い感覚で企業の成長に関わっていくといったポジションといえるでしょう。

具体的に見ていくと、
調整業務
人事を行うには本人や上司だけでなく、関係各所との連携が欠かせません。メール1通でもこじれてしまうデリケートな問題も多く、高いコミュニケーション能力が要求されます。
社内の人間関係の問題を解決
人間が集まれば、そこに問題が起きるのは常であり、企業も例外ではありません。上司と部下だけでなく同僚間など様々ありますが、両者や関係者の話を聴取し客観的な事実を見つけ、相手の受け取り方に配慮しながら話を進めるという地道な働きが求められます。
課題解決のための企画を立案
人事の大切な仕事には、これから起こりうる問題提起を経営陣に企画提案するということも含まれます。
採用から育成
現在既に働いている社員の人事だけでなく、新卒や中途採用など正社員やパート・アルバイト・派遣社員などの採用から育成はもちろん人事の仕事です。

人事部に求められる人物像

大前提として、人を大事にしコミュニケーション能力の高い人というのは外せませんね。それ以外には、情報の分析や収集の点から、近年はIT技術を利用した情報収集能力の高い人が求められる傾向にあります。

また、経営陣にソリューションを求める機会も多いことから提案能力の高い人も需要が高いですね。しかし、大切なポイントは「口の堅さ」という声も聞かれます。人事という仕事柄、何気ない一言でも「人事の人が言っている信ぴょう性の高い話」と噂になってしまうこともあるのですよ。
また、グローバル化が進み海外からのビジネスマンを採用する機会も増えています。彼らへの対応は日本人感覚では難しいことも多く、国際感覚の優れた人事マンを求める声も大きいですね。

未経験者が転職するのに有効な志望動機

未経験の場合、どのようなことをアピールする人が多いのでしょうか?

例えば、店長としての採用経験や、上司としての部下の教育から育成や採用に興味を持った、など畑は違うけど人事的な業務の経験やスキルがあることはアピールしやすいですね。

また、全くの未経験でも、自身が新卒で採用され際に人事の人と関わったことから,会社の経営を左右する仕事に興味を持ったなど、自分自身の体験をアピールするのも有効ですね。

経験や知識が乏しいことは積極的に学ぼうとする姿勢や、異業種で培った経験から人事業務について提案できることがあるという点をアピールしカバーしていきましょう。

未経験からの人事へ転職

とはいえ、未経験やそれに近い状況であればハードルは高いかもしれませんね。しかし、仕事内容や人物像は会社や業界によっても異なってきます。
もちろん、異業種から人事への転職を歓迎する企業もみられます。

志望動機や転職先の絞り方で迷ったり、悩みや分からないことは転職エージェントへ相談しましょう。


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする