TOPICS

浮気をする人は高所得者に多い?不倫SNS「アシュレイマディソン」の調査結果は?

彼氏の友達と不倫をしている女性 複雑な関係

不倫ドラマ『昼顔』と時同じくして…

主婦の不倫をテーマに扱ったドラマ『昼顔』が昨年話題になりましたが、それとほぼ同じタイミングで、「アシュレイ・マディソン」という世界レベルの不倫SNSが日本でも注目され始めたのをご存知でしょうか?
近年流行するSNSのネットワーク性や便利さを利用した、既婚者のためのデートサービス「アシュレイ・マディソン」がカナダで開設されたのが2000年代初頭。その後世界規模で登録会員数を広げ、2014年12月には世界30ヶ国で総会員数2000万人の大台を突破しました。
2013年には日本にも上陸、「人生一度、不倫をしましょう」という刺激的なコピーが既婚者の間で話題となり、あっという間に国内での会員数を増やしました。
『昼顔』の評判を見るまでもなく、主婦が抱く不倫願望の高さを期せずして証明したわけです。

不倫は高級住宅地域に多い?

「アシュレイ・マディソン」の調査では、日本の東京23区内のどこの会員が不倫をしたかデータを取ったところ、トップは「港区」で7.63%でした。2位は「世田谷区」で6.53%。以下、「渋谷区」(6.17%)「新宿区」(6.16%)「江東区」(5.55%)と、高級住宅街地域が続きました。
同サイトCEOのノエル・バイダーマン氏は、「高所得者はバーやレストラン、ホテルへの出費を惜しまないため、不倫の機会も多い。つまり高所得という恵まれた環境は不倫と表裏一体。これは他国でも見られる兆候」との見解を示してします。

「一瞬だけの楽しさ」の落とし穴

しかし、不倫にはリスクが伴うもの。不倫相手と会っている一瞬だけは楽しいものですが、それは同時に夫婦関係においては「裏切り行為」。バレれば信頼関係は崩壊し、離婚や慰謝料請求の訴えに至るケースも当然あります。最悪、今までの人生で築いた全てのものを失う危険すらあるのです。
そして何よりも、不倫によって悲しむ人が必ず存在することだけは忘れてはいけません。


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする