TOPICS

これなら続けられる!ストレスレスで食費を抑えて節約する方法

食費を計算して節約しようとしている

金欠にさようなら!食費を見直して、自由に使えるお小遣いを増やそう!

とくに大きな買い物もしていないのに、何故か給料日前は必ず金欠状態になってしまい、せっかくのお誘いもキャンセル。毎月そうならないように気をつけているつもりなのに……。そんな方は食費を見直すといいかもしれません。
家賃などを見直すのは容易ではありませんが、生活費のなかで食費はもっとも簡単に、しかも大きく節約しやすい項目です。しっかりポイントを踏まえれば、今日からでも節約できます。

まずは小さな改善から!ストレスレスの節約方法をご紹介!

節約しようと決意し、急に食事を質素にしたり、お菓子などをまったく買わなくなったりという方もいます。しかし、そうした節約も長続きせず、それがストレストなってその反動で無駄使いをしてしまうこともあります。そこで、小さな改善からはじめましょう。
食費で一番大きいのは外食。あまり外食をしないなら、毎月外食を1回でも減らせばそれはかなりの貯金になります。お付き合いでの外食を控えすぎると仕事に影響ある方もいるでしょうから、家で作るのが面倒でなんとなく外食という機会を減らすようにすると良いでしょう。料理を作った際に多めに作って冷凍して作り置きおかずをストックしておくと、そんなときは大変便利です。残ったご飯の冷凍もおすすめです。
お昼代がかさむという方は毎日でなくても、夕食の残りがあるときにはそれを翌日の弁当にしてしまいましょう。
お子様のいる方は、来客がある際などにお子様と一緒に食育もかねて簡単な手作りおやつを作るのも一石二鳥です。
手間をかけずに無駄を省く、それこそが手っ取り早く節約に繋がります。

節約だけで不十分なら、収入源である職を見直し、転職する方法も…

しかし、十分に節約しているし、浪費なんてしていない、それなのにお金が足りないという方もいるでしょう。
そんな方は収入源である職自体を見直すことも必要かもしれません。

現職にお悩みがある場合はご気軽に転職エージェントへご相談をしてみてはいかがでしょうか?


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする