TOPICS

携帯料金いくらかかっている? 格安SIMを使って節約を!

高い携帯料金のスマホを破壊

今生活費の節約で注目するべきなのは、携帯、スマホなどの通信費

サラリーマンの平均年収が下がり続ける昨今、生活費の節約は大きな課題となっていることでしょう。
生活費で最も大きなものは通常家賃、食費ですが、その次に大きいのは携帯、スマホなどの通信費です。1人暮らしの方でも毎月1万円以上という方も多く、これはとても大きな出費といえます。
生活費の節約を考えるとき、この通信費の削減も視野に入れるべきなのです。

通信費を一気に節約!格安SIMのメリット、デメリットとは?

日本ではほとんどの方が大手携帯キャリアと契約しており、3社の料金は横並びなので、通信費は高くても仕方がないものと諦めてきました。しかし、実は今や格安SIMによって大手携帯キャリアとの契約は常識ではなくなりつつあります。
格安SIMの最大のメリットはなんといってその安さ。大手携帯キェリアのスマホの場合、どんなに節約して使っても6500円ほどかかりますが、格安SIMスマホでは1600円ほどです。大手携帯キャリアの契約には2年未満で解約すると違約金がかかり、しかも、それはなんの通知もなく自動更新されるという悪名高い2年縛りがありますが、その違約金だってたった2ヶ月で回収できます。
さらに、対応端末を持っていればSIMカードを差すことでそのまま使用可能ですし、プランによっては通信自体も快適で、メール機能も優秀です。

金額的なメリットは大きいけど、やっぱりちょっと面倒なのがネック!?

格安SIMのデメリットとしてあげられるのは、LINEなどのサービスがあれば問題ありませんが、通話し放題がないことが挙げられます。
またこれまでの@docomo~や@softbank~などの携帯アドレスは使えないので、メールアドレス変更しなくてはいけません。
さらに、格安SIMでは大手キャリアとは異なり自分で設定をする必要があります。

デメリットはありますが、通信料の差は少なくても5000円。手間を踏まえても、節約を優先すれば格安SIMに軍配があがりそうです。


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする