TOPICS

動画で分かる転職活動3 『採用側を知ろう』

 

 

弊社代表の青山が、転職活動のいろはについて説明致します。
第3回目は、「採用側が何を考えながら選考を行っているか」についてお伝えします。
どうぞご覧下さい。

 

3.採用側を知ろう

3回目は「採用側を知る」をお送りします。
転職活動初期は、残業が少なくて、ちゃんとお休みがとれて
仕事も面白くて、教育をちゃんとしてくれて…とついつい
自分本位な判断になりがちですが、採用側の気持ちを知ることも
選考時には大切です。第2回目ではコミュニケーション力は
あえてアピールポイントにしないというお話をしましたが、
相手の事情を察することは良いコミュニケーションとも言えますね。
それでは、はじめましょう。

 

企業にとって採用はゴールではありません

みなさんにとってのゴールは内定かもしれませんが、
選考する企業にとってそれはスタートラインでしかありません。
それは一体どういうことでしょうか?
採用側は入社後のみなさんのことや配属部署のことなど
数多くの不安材料をクリアにしながら選考をしています。

 

選考時に面接官が考えていること

自己分析もし、企業研究もし、書類も通ったとします。
嬉しいですね。あとは思いを伝えるだけです…とはいきません。
面接官は貴方の前で何を考えているのでしょうか?

 

「採用」「配属」「育成」「評価」

図をご覧ください。
これは採用面接官が選考中に考えていることです。
採用されることはみなさんにとっても、ゴールかもしれませんが、
面接官の視点ですとそのあとがありますね。

面接官は、増員だったり、欠員補充だったり、背景ごとに
人物像や必要なスキルなど定められた基礎条件、仕事理解度を確認します。
例えば面接でも、「いままで経験した仕事を説明してください」や
「ご自身の経験がどのように活かせると思いますか?」などと聞かれることがあると
思います。ここがクリアすると面接官は他の懸念材料を探ります。

 

まずは「配属」です。
転職ですと、配属される部署があらかじめ想定されている場合が多いです。
となると面接官はみなさんの上司になる人や同僚を知っているわけですから
そこにフィットするか判断します。これは明るい、誠実、よく話せるなどの
印象面や「これまでチームでどんな立ち位置で仕事をしていたのか?」
や、「残業って多かった?」など、上司や同僚、環境への不満などを探り出す
質問をしていたりします。当然、転職する際は現状が満たされていない面もありますので
不満や不安のひとつふたつはあると思いますが、そのままそれをぶつけたら
どうなるでしょう?想像しやすいですね。

 

次は「育成」です。
転職をされるみなさんは少なからずなにかしらの経験をお持ちかと思います。
採用条件にあったスキルを持っていたとしても、会社も変わればルールも取引先も
変わります。どれくらいの期間で1人前になれるのか?
会社側からの教育があまりに手間がかかりそうであるならば採用は難しくなります。
こちらも面接時のマナーを見たり、自発的な行動の有無などを質問を通じてはかっています。
仕事への理解度とご自身に不足している点、それをどう解決しようとしているかなど
整理しておく必要がありますね。

 

最後は「評価」です。
転職してきたみなさんが同じ年頃のメンバーと同じぐらいの評価に値するかという
現在進行形の判断と未来に対する判断があります。
現在進行形とは具体的なお給料だったりします。
業界未経験でこれから経験を積みたいと言っているのに、企業が提示しそうな
給料額を予測せずに、あまりに現実離れした給料金額を申し出たり、
下がることを許容しているかどうかも見られます。
もちろん給料が上がる場合もありますが、場の空気を読むのは大事です。
また、未来というのはみなさんがその会社で将来何を目指したいのかどうかという
点です。これも会社の風土上あまりにかけ離れたアピールをすると違和感を感じられますし、
転職後のキャリアパスをしっかり描けてない、会社の方向性が違うと判断される可能性があります。

 

以上、「採用側を知る」でした。
求人メディアなどで得られる情報はほんの一部ですが、そこから面接官が考えているであろう
ことをシミュレートしていくのが良いコミュニケーションともいえますね。
事前に仕事内容を頭の中で想像してみて、わかりづらい内容はこちら側から確認するなど
上手な質問なども重要です。
良い転職をしましょうね。

 

動画内のパワーポイントはこちらからダウンロードできます。
資料をダウンロード


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする