TOPICS

新規 or 既存? 法人 or 個人? あなたに合うのはどの営業か

選択する営業マン

営業は一つじゃない!

営業職への転職を考えている人、自分はきっと営業職に向いていると考えている人、大勢いらっしゃることでしょう。また、求人サイトにも多彩な営業職の求人をみることができます。しかし、「営業はどれも同じ」と闇雲に転職活動してしまうと、とてつもない「これじゃない感」に襲われることになるでしょう。新規 ・ 既存・ 法人 ・ 個人と一口に営業といってもさまざまな個性があり、それぞれの特徴によって向き不向きも変わるため、しっかり確認する必要があります。

法人営業?個人営業?

まずは法人営業にするか、個人営業にするのか、違いをみていきましょう。法人営業とは、その名の通り企業を相手に営業活動を行うものです。業種は違えど相手もビジネスマンなので、自社商品の知識だけでなく話術や提案力・ビジネスの常識など全てにおいて高い水準が求められます。個人営業とは、子供から高齢者まで商品によってさまざまな客層がターゲットになる営業活動です。難しい話を誰にでも分かりやすく伝える技術や、相手と良好な関係を築けるコミュニケーション力が必要になります。このように聞くと個人営業のほうがハードルが低く楽なのように感じますが、経験者からは長い目でみるなら圧倒的に法人営業のほうが楽しくて楽であるという声が聞かれます。同じサラリーマンであるということで分かり合える部分が多く、購入傾向やクレームに対しても予測が立てやすいというのがその理由です。

新規顧客?既存顧客?

新規の顧客を対象にするのか、既存の顧客を対象とするのかでも営業のスタイルは変化します。新規営業とは、個人なら保険や住宅、法人なら製造メーカーなどの求人が多いようです。飛び込み営業や、テレアポなどで訪問先を開拓するなど地道な努力が必要になります。一から自分で仕事を組み立てられる自由ややり甲斐はありますが、自主性がない人には厳しい営業となるでしょう。メンタル面が強く、好奇心が強い人見知りしないタイプが向いているといえるでしょう。既存営業はもともと取り引き先を引き継ぐもので、今までのスタイルを受け継いで黙々と作業することが多い営業です。数字も安定していて新規に比べて難易度は低めですが、顧客を逃がした時の責任は重大です。円滑な人間関係を長期に渡って築ける、困難があっても投げ出さないメンタルを持っている方が向いているといわれています。最近では、既存を担当しながら新規の営業もする会社も増えているため柔軟な対応が求められる場面もあるでしょう。

無形商材?有形商材?

何を売るのか、売るものの種類によっても魅力が異なります。有形商材では、車や薬など形のあるものを扱うので商品や業界についての知識が身につき、商品によっては流行を牽引していくこともあります。手当たり次第買ってくださいというのではなく、企業や個人の課題を発見して自社の製品を提案するという課題発見力や、提案力といったスキルが必要になるでしょう。無形商材では、派遣業や広告業界のようにサービスを売る営業です。売り込みをするというよりは、クライアントのニーズを聞き出し提案することが大切で、高額商品になるほどヒアリング力が重要になっていきます。無形商材営業に向いているのは、お喋り上手より聞き上手のほうであるといわれています。無形ならではの難しさは、形がないものだけに「イメージと違う!」というクレームを受けることもあり、伝える技術やイメージの相違に気づく観察力も必要となります。

あなたの適性は?

気になる営業はありましたか?営業には総じてヒアリング能力と、人と円満に付き合う能力、粘り強い精神力が求められています。しかし、簡単に営業と表現しても、種類も多く組み合わせ次第で多くの選択肢があります。自分だけではどの営業が合うのかは分からないという場合もあるでしょう。少しでも迷うことがあれば、身近な転職エージェントへ相談してみましょう。せっかく転職するなら満足度の高い仕事を目指しませんか?あなたを客観的に観察し、最適な道への道標を灯してくれることでしょう!


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする