TOPICS

敬語だと思って使っているその言葉が本当は失礼な言葉だとしたら……?

尊敬語や謙譲語の間違いに気づいた男

その敬語、本当に敬語ですか?

敬語だと思ってつかっているそれ、本当に敬語ですか?例えば、出張に出かける上司に向かって「頑張ってくださいね!」や「ご苦労さまです!」なんて、声をかけていませんか?実はこれ、目上の方に使うべき敬語ではありません。敬語では、頑張ってくださいは「応援しています」や「成功をお祈りしています」、ご苦労様ですは「お疲れ様です」が一般的です。雰囲気が和気あいあいとしていて、日常的に使っている職場もありますが、礼儀にうるさい取引先とのやり取りや、厳しい会社に転職した場合に辛い思いをするのではないでしょうか?

了解です!は・・・

実はまだまだある、間違った敬語の数々ご紹介します。上司との伝達事項や、確認の際に言いがちなのは「了解です」である、といった方はいらっしゃいますか?これもNG、了解というは目上の人が目下の人に向かっていう言葉なので、正しくは「承知しました。」を使いましょう。また、「構いません」「大丈夫です」「結構です」も同じ理由で敬語としてはNGです。「すみません」は敬語の中でも丁寧語ではありますが、ビジネスの上ではもう一段丁寧な「申し訳ありません」が一般的です。

二重敬語も失礼にあたる?

使い方の間違いには、「二重敬語」もあります。二重敬語とは、同じ種類の敬語を重ねる使い方です。例えば、言うを二重敬語にすると「おっしゃられる」、分解すると、尊敬語の「おっしゃる」と、尊敬語の「~れる」になります。2つ繋げれば更に丁寧になるというわけではなく、日本語がちゃんと使えないということで、気にする方も多くいらっしゃいます。また、同じ敬語でもレベルがあり、会社の上司レベル、取引先レベルなど関係性により様々です。日本語は奥が深く、正しく理解し使用するには日本人の大人でさえ、それなりの練習が必要といえます。


尊敬語と謙譲語の違いにも注意が必要です!


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする