TOPICS

【働きヒト vol.4】「飲食」を通じて「心」を豊かに。『Mealink』総代表もちゆかさんを取材してきました。

DSC_0165 のコピー

自分に合った会社、自分に向いている仕事…そんな悩みを抱えている方は多いと思います。転職で環境を変化させるのもひとつの手ですが、世の中には会社に所属することを超え、個人としての活動を通して、世の中に情報を発信し続けるエッジの効いた方が数多くいらっしゃいます。そんな社会人の先輩の考え方や活動内容をインタビューするシリーズ【働きヒト】。第4回目は女性が初登場。野菜食育の提案などの活動をしている「もちゆか」さんを取材してきました。

本日は宜しくお願いします。ホントにいろいろな活動をされていますね。まずは自己紹介を…

DSC_0139 のコピー

はい。そうですよね(笑)ほんとに、これだ!と、ピンときたものにいろいろ手を出している感じです。私は現在、会社員として働きながら、学生時代に立ち上げた野菜食育団体Mealinkの総代表と、日本酒の良さを伝える活動をしているNPO法人ウイメンズ日本酒会代表、それから個人として様々な活動をさせて頂いています。共通しているのは「飲食」を通じた「心」を豊かにするための啓蒙活動のようなものですね。

転:まだまだお若いのに、すごいですね。

も:いえいえ(笑)。ほんとうにやりたいことを追っかけてきている感じなのです。

もちゆかさんがこのような活動をしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

DSC_0140 のコピー

はい。実は私、大学受験の際に心のバランスを大きく崩してしまった経験があるんです。本当に自分でもどうしようもできないくらい壊れてしまいました。心だけでなく体もですね。拒食症などの摂食障害も併発してしまって、体重も激減。家族や友人など多くの方に心配をかけてしまいました。そんな私を救ったのが「食べること」だったんですよね。とにかく食べることを始めないと体が元に戻らない。どうやったら元に戻れるんだろうと大学入学後もありとあらゆる食療法を学んで実践してきました。今でこそ、この通り元気ですが、私を完治させたのは野菜を中心とした「食」でした。

その経験で生まれたのが、Mealinkなんですよね?

o0800053313063557490 のコピー

そうですね。大学では心理学も学んでいましたし、自分を治すためにはじめた食に関する知見も組み合わせて、同じように苦しむ方に自分の経験を伝えたかったんです。それで大学時代にはじめたのが学生団体Mealinkでした。最初は本当にメンバー数名でお茶するぐらいの会だったんですが、そのうち「学食にMealinkの考案メニューを出したい!」と本格的な活動をはじめたんです。今で言えば笑い話ですが、私その頃ビジネスのこと何も知らなくて(笑)いきなり学食のパートの方に「野菜食のメニューを出したいんですけど」って突撃したりしてました。よく聞いたら、運営している生協さんなどと交渉しなきゃいけなかったり、そもそも提案書も作った事なかったり。。大変でしたが、体当たりで動いていたら自然と社会やビジネスのルールを学べたように思います。その後は企業様とタイアップしたり、野菜の直売をしたり、イベントを企画したりと活動の幅を広げていますが、基本は学食へのメニュー提案が中心です。まずは野菜食に興味を持ってもらうのが第一歩ですので。そのうちMelainkのメニューを食べてくれた学生が「私も参加したい」と言っていただけたりして、どんどん仲間が増えて、今も学生団体として元気に活動をしてくれています。都内の学食でMealinkがプロデュースしたメニューを出して頂いたりもしています。それから、Mealink社会人部も発足して月に1回のMelainkitchenも開催しています。こちらは自らお料理をして食べて、楽しむという会です。あとは、この「働きヒト」の第二回に登場した、SKIPさん達ともコラボしたりしてますよ。
<【働きヒト vol.2】「100年後の子供達の健康をまもる」健康に対する真の情報を提供する集団『SKIP』を取材してきました。>

もちゆかさんは他にも沢山の活動をされていますよね?

o0800045013065264488 のコピー
o0800053313063557488 のコピー

はい。先日10年以上続く、NPO法人ウイメンズ日本酒会という団体の代表も引き継がせていただきまして、大好きな日本酒の素晴らしさを伝える活動をしています。お酒も健康にいいのですよ。実際に酒蔵にいったり、本格的な醸造方法なども学びながら、自分の学びや気付きをブログなどで執筆させていただいています。私が勤務しているのもこの団体の母体となっていて、私が日本酒を好きになったきっかけの一つでもある浜松町の名酒センター。お越しいただければお会いできるかもです(笑)。それから最近ですと、西武百貨手さんやLOFTさんと個人名のもちゆかで日本酒に関するコラボイベントなどをお任せいただけたりしています。

日本酒いいですね(笑)しかし本当にすごい活動量ですよね。大変ではないですか?

はい。あまり器用なほうではないので、たまにストレスがたまってしまうこともあります。でも、過去に限界までやりすぎて約一年ほど家からまともに出れなくなるという苦い経験があるので、(笑)どんな対処をすればいいかは自分でも経験として積み重なってきたように思います。食療法はもちろんですが、私の場合は複数の活動をしていることが自分のバランスを整える役割を果たしているんじゃないなって思うんです。各活動にはそれぞれ支えてくれる方々がいて、出会うたびに違う刺激を与えてくれる。だから常に元気でいられるんです。

もちゆかさんのブログには「Foodoctor」を目指すとありましたが、将来の夢はやはりそこなんですか?

DSC_0125 のコピー

そうですね。「Foodoctor」はFood×doctorを掛け合わせた造語なんですが、食と心の医者を目指そうと思ったときから活動名として使っているのです。でも最近はこの言葉に自分がどれだけフィットしているんだろう?と振り返るようになってもいます。Mealinkについては新しく入る仲間それぞれが実現したい夢があったりします。最初の大きな軸は残しながら、みんなが活動しやすいように道を整備してあげるのも役目なのかなと思っています。個人としては「Foodoctor」とまでいけるかはわかりませんが、個人のカウンセリングなども少しづつ増やしていきたいですね。あまり遠くまで見て動いているわけではないですよ。計算するの苦手なので(笑)

最後に転職RPGの読者の皆さんに一言アドバイスはありますか?

1780691_729968357034170_920315999_n のコピー

はい。私と同じようにならないでほしいということです。仕事ってストレスがたまりやすいですから、ちょっとした弾みで心も体も壊してしまいます。健康であり続けることって大切です。これって食べるものもかなり影響しているんですよ。マクロビオティックとか野菜食ってすごいストイックなイメージがあると思いますが、週に1回とか少し取り入れるだけでも大きく変わりますよ。
ご興味がある方は社会人向けのMelainkitchenにもご参加くださいね!
http://mealinkvege.wix.com/0831#!mealinkitchen/mainPage

取材前のプロフィール写真から、どれだけキラキラした女性がくるのかとドキドキしていましたが、
とても気さくで明るく元気な方でした。ご自身の辛い過去も屈託なく笑い飛ばしていた豪快さも印象的。
平成生まれの20代という若さでどんどん突き進んでほしいですね。取材協力ありがとうございました
社会人向けのMelainkitchenは男性も女性も参加OK。少し体をリセットしてみたいなという方は
ぜひ参加してみては?

<働きヒト Profile>
DSC_0170 のコピー

もちゆか
平成3年生まれの23歳。跡見学園女子大学文学部臨床心理学科卒業。17歳で心と体のバランスを崩したことをきっかけに心と食の関係に関心を持つ。自身を再生する過程で学んだ知識や積極的な活動で野菜食を提案する野菜食育団体Mealinkを設立。また、現在はNPO法人ウイメンズ日本酒会代表としても活動中。ブログ執筆・メディア掲載も多数。趣味は日本酒、料理。

健康心理士
認定心理士
精神保健福祉士(専門分野はED(摂食障害)
マクロビオティックアドバイザー
食生活アドバイザー2級

<もちゆかブログ>
http://ameblo.jp/4461335/

<Mealink HP>
http://mealinkvege.wix.com/0831#

<NPO法人ウイメンズ日本酒会 HP>
http://nihonshu.com/?page_id=5

<名酒センター株式会社>
http://nihonshu.com/

<フードクターもちゆかと学ぶ!日本酒一年生>
http://ameblo.jp/womens-nihonshu/


→転職の相談はこちらから

転職の相談をする